読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがすけ男しばちゃん@カンボジア

大好きな山形、地方を熱くしたいっっ!!そんな「しばちゃん」のカンボジア奮闘記です!!

笑顔の力 Part2 〜トランポリンを首長族のマリーに届けに行って〜

bappon0831.hatenablog.com

(上のリンクはチェンライ1日目です!)

 

今日はチェンライで2日目

チェンライで一番の観光地

白い寺と呼ばれている「ワット・ロンクン」へ

 

f:id:Bappon0831:20170108165645j:image

 

今日が最初で最後の観光。

 

昨日撮影係の割に、

地図での誘導しかできなかったので、

 

今日はFLY HIGHのメンバーとして貢献するぞ!と

思いながら今日も舞さんのバイクの後ろに

 

「今日は、わんわん(この旅中、自分の名前は”わんわん”でした笑)に

バイクの乗り方教えてあげるね~」

 

ずーっと

男がバイクを運転してて、レディが後ろに乗ってるのは

見てきたけど

 

レディが運転して、男が後ろに乗ってるのは自分だけだなと

正直ほんの少し恥ずかった時だった。

 

20分ぐらいバイクに乗っていると

真っ白な大きな建物が見えてきた。

 

サンサンと輝く太陽に反射してすごくまぶしかったのを思い出す。

 

f:id:Bappon0831:20170108165731j:image

 

「皆さんの期待にお応えして、またまたパーニャ(史帆さんのトラベルネーム)がお送りします~!!」

 

史帆さんの実況で動画を撮影。

 

みんな子供のようにはしゃぐ。

そんな姿を見て自分も楽しくなっちゃう。

 

f:id:Bappon0831:20170108165754j:image

 

はしゃぎすぎて、

寺の中に入るまで実際何分経ったのかわからない(笑)

 

寺は遠くから見ていたイメージと異なり、

 

下から無数の手が伸びていたり、

 

f:id:Bappon0831:20170108165815j:image

(一本の指の爪だけ赤いの見つかりますか?)

 

悪魔のような顔が並んでいたり、

 

f:id:Bappon0831:20170108165849j:image

(なんか怖い顔がいっぱいでした)

 

まるで地獄を彷彿とさせるかのようだった。

 

舞さんが寺の中心にある目のような模様を見て、

「ここも目が使われてるんだ。」

 

f:id:Bappon0831:20170108165913j:image

(目みたいな装飾がぶらさがってます)

 

ぼそっとなんか意味があるのかと聞いてみると

「ネパールには目がたくさん描いてあるんだよ。」

 

後で調べてみると、

仏陀の知恵の目と呼ばれ、この目で森羅万象を見渡しているそう。

 

f:id:Bappon0831:20170107235809p:plain

(ネパールの仏塔 写真お借りしました

 

寺の中の写真は撮影禁止で撮ることができなかったが、

 

仏教風の風刺画が壁一面に描かれており、

その中にドラえもんピカチュウハリーポッタースパイダーマンの姿が

 

一同びっくり!!

 

またまた後で調べてみると、

この寺院はチャルムチャイというタイの岡本太郎と呼ばれてる現代芸術家の作品だそう

タイの伝統芸術と超現実主義の融合であり、本殿が白く塗られているのは仏陀の清浄さを象徴するためである。一方、建物内部に入ると壁面にはバットマンスーパーマンプレデターマトリックスなどポップカルチャー由来のモチーフが、仏教的文脈における善悪を表現するよう描かれている。(Wikipedia

 

今まで見たことない独創的な寺は

それを調べて納得でした。

 

寺の外に出て、 

 

寺の壁に埋まっている鏡に

どれだけ上手く自分の目を映せるか写真を取り始めた。

 

 f:id:Bappon0831:20170108171309j:image

(試行錯誤中です笑)

 

他の観光客に

日本人何やってんだと思われながらも

 

舞さんと史帆さん、ベジさんは

熱心に満足のいく写真を撮るために

 

f:id:Bappon0831:20170108170159j:image

 

f:id:Bappon0831:20170108170311j:image

(1番うまかった史帆さんの写真)

 

f:id:Bappon0831:20170108170331j:image

(目だけ入れるの難しかった。。。変な顔してます。。。)

 

なんでこんなにこの人たちは楽しそうに

そして真剣に

 

自分が今やりたいことに忠実なんだろうな

だから自分の感情をそのまま表現できて、

それによってその人自身の色が生まれて

それがその人の世界観を生み出していくことに繋がってるんじゃないか。

 

世界観は探すものではなくて

シンプルに自分をありのまま表現することなんじゃないか

 

柴田英徳をそのまま表現できるようになれば

自分がこれからやりたいということ、

ぶっとんだことに

 

何も制限かけずに

誰とも比較しないで

人の目を気にせず

 

ぶっとんだことが思いついても

こんなできっこない

馬鹿にされたくない

 

そうやってみんな普通の大人になってしまう

いつも子供みたいでいいじゃないか

精神年齢低くバカ騒ぎして

自分を表現した方が絶対楽しい。

 

そんなことを思いながら、

熱心に写真撮っている姿を写真に納める。

 

f:id:Bappon0831:20170108171333j:image

 

そんな鏡に映るまっすぐな目は美しい。

 

その後、みんなで絵馬のようなものに

1人1人の思いを込めることに

 

あれだけはしゃいでいたのが嘘のよう

みんな真剣に何を表そうか言葉を選んでいる。

 

史帆さんが先陣を切って

「笑顔」

 

自分は、

FLY HIGHのみんながありのままにいつも自分を表現してて

そんなみんなが好きだし、

 

何物かにならなくていいんだと、ありのままでいいんだと

 

かわいくひらがなで「ありのまま」をありのままに。

 

なぜか分からないが、書いてる手が少し震えていた。

 

f:id:Bappon0831:20170108170633j:image

 

舞さんは

「私たちは飛べる。」

 

べじさんは

「すべてうまくいく。」

 

1人1人自分自身を

このチームを表した。

 

このメンバーで良かったなと

このメンバーの仲が深まった瞬間だったそう思う。

 

f:id:Bappon0831:20170108170714j:image

 

ゲストハウスに帰る途中

ふと舞さんがなんで「私たちは飛べる。」って書いたか気になって聞いてみた。

 

すると、

「他に書きたい事あってずっと迷ってたけど、私このチームが好きだなって。

この旅中だけでなく、旅が終わってもこの4人は世界のどこかで羽ばたいてる。そんな気がするんだ!!」

 

たまに邪魔者なんじゃないかってどこかで思ってた

自分にとって救われた一言だった。

 

そんな風に大切に思ってくれてる。

自分ができることでサポートしていこうと決めた。

 

さくら寮に行って、

 山岳民族の子たちが1人1人トランポリンを飛んで笑顔に

 

f:id:Bappon0831:20170108171023j:image

 

f:id:Bappon0831:20170108171045j:image

 

1人が笑顔になると周りも笑顔になる

史帆さんも言っていたけど、

 

笑顔の感染力は本当に強い。

 

f:id:Bappon0831:20170108170824j:image

 

帰ってきてから、

男子部屋に集まり、

 

明日の作戦会議と今日の動画鑑賞会

 

史帆さんや自分が撮った動画を見て笑ったり、

 

ベジさんが調べてくれた首長族であるカレン族の言葉を

ひたすらに覚えたり、

 

 こんにちは オムチョップ

ありがとう タブル 

笑う ニー

 

様々な言葉をベジさんのクイズ形式で覚えていった。

 

”おやすみ”の”ミモラムンムン”の

かわいい響きに爆笑したのはいい思い出。

 

空 ムコー

飛ぶ ジュ

 

トランポリンを説明するとき空に向かって飛ぶんだよ!って

教えるために覚えたこの言葉たち。

 

明日みんなが思い通りに飛べることを祈って。

 

ムコー ジュ。

 

f:id:Bappon0831:20170108170909j:image

 

 

[http://にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村:title]

 

 

柴田英徳 (Shibata Hidenori)

Facebookhttps://www.facebook.com/iambappon

Line: bappon0831

Mail: iambappon.0831@gmail.com