読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがすけ男しばちゃん@カンボジア

大好きな山形、地方を熱くしたいっっ!!そんな「しばちゃん」のカンボジア奮闘記です!!

夢を探しすぎるな 〜CONY BARで〜

今まで気になっていた

CONY BARに行けましたーーー

 

朝に舞さんと

マザーテレサハウスにトランポリンを出しに行く時に一緒だった、たくちゃんが

 

前にCONY BARでインターンしてたそうで

今夜オーナーのたかやんさんに会いに行くんだ〜と

 

オレも行きたいってことで同行させてもらうことに。

 

今滞在してるゲストハウスで仲良くなった

チリ出身のロドリゴも。

 

50分の道のりを歩いて向かうと

こんなとこにあるんかーーーいって場所にありました

 

中には日本人のお客さんとカンボジア人のスタッフしかいない

 

なんか日本に戻ったような感覚。

 

たくちゃん曰く

いつもプノンペンで活躍してる日本人の方が集まるそう。

 

すごい話したかったけど、

今回はロドリゴとたくちゃんと話すからまたの機会やなと

 

f:id:Bappon0831:20161218194848j:image

(真ん中たくちゃん、右がロドリゴ)

 

3人でこれまでの旅の事とか

お互いの国の事とか話してると

 

オーナーのたかやんさんがわざわざ声をかけてくれた。

 

いろいろ話してくれて、

夢の話に

 

「自分は夢なんかないんですよ〜」

 

えええええーーーー

カンボジアで1番日本人に有名なバーを経営してる人が夢ないって

 

成功してる人ってみんな夢があるもんだと思ってたし、今まで会った夢がある人は魅力的でおもしろい人達ばかりだった。

 

だから、

何がしたいか分からなくなった自分は

夢、やりたいことをこの1ヶ月間見つめていた。

 

「夢はないけど、ただ目の前の人を喜ばせることだけを考えてます。」

 

「夢があるのはすごく良いこと。でも、夢を追いすぎて、夢がない自分を攻めたり、人と比べてネガティヴになったりしちゃダメだよ」

 

心にぐさっと

言葉の槍が突き刺さった。

 

正しく今の自分やなって

夢を考えすぎて自分を見失ってたし

トレードマークの笑顔も少なくなってた。

 

そんなんじゃ、元も子もない。

 

「そして、夢があると可能性が狭まる。今を楽しんで、その時その時にしたい事ができる自分でありたいんです」

 

「最初っからバーが創りたくてきた訳ではなく、5年前にカンボジアに来た時に、日本人もいないし現地の情報を集め辛かったんだ。だから、日本人が集まれる場所があったらなと思ってこのバーを創ったんですよ」

 

そんな生き方があるんだって

夢はなくても、

 

これは大事にして生きる!

って強い思いが

 

人を魅了させるんだなって

 人をワクワクさせるんだなってそう思った。

 

「ただただ目の前の人を喜ばせる。」

 

寅さんが散々言ってた

「人のことだけ考えろ」って言葉が

 

すごく響く。

この一ヶ月は自分の事考えすぎたなと。

 

もっとシンプルに自由に。

 

たかやんさんと話しててもう1つ心に残った言葉がある。

 

「目の前の人を喜ばせるには、自分のモチベーションに波があってはいけない」

 

「自分自身が元気がなかったら、今日せっかく来てくださった人に申し訳ないから。」

 

昨日来てくれれば楽しませられたなんて言ってられない。だからこそ、モチベーションを一定にするんだそう。

 

元気がないときはなんで元気がないか

元気があるときはなんで元気があるのか

しっかり分析したほうがいいと

 

残りのカンボジア生活は

人を笑顔に喜ばせることをしたいと考えていた

自分にとってすごく勉強になった夜でした。

 

f:id:Bappon0831:20161218194847j:image

(たかやんさんとのツーショット笑)

 

今夜から首長族のマリーに

トランポリンをプレゼントする旅に

 

舞さんとしほさんとベジさんと自分の

4人で行ってきます!!

 

すごくワクワク!!

全力で楽しんできます〜