読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがすけ男しばちゃん@カンボジア

大好きな山形、地方を熱くしたいっっ!!そんな「しばちゃん」のカンボジア奮闘記です!!

カンボジアに来て1ヶ月。そこから感じたこと。 〜カンボジアインターン35日目〜

思うこと

1ヶ月前正直ビビってた踏み入れた

 

カンボジア

 

ここに来て1ヶ月。

もう9分の1が過ぎ去りました。

 

為末さんに会ったのが

ほんと昨日のようです。

 

今回は、

この1ヶ月を通して感じたことをつらつらと。

 

1.カンボジアについて

2.インターンについて

 

1.カンボジアについて

 

1ヶ月住んでみて、

カンボジア

 

大好きです!!(笑)

 

特にカンボジア人の笑顔が!!

 

f:id:Bappon0831:20161005082340j:image

(写真はイメージです笑)

 

目が合えばつくり笑いではない笑みがこぼれる。

 

大人でも子供みたいな無邪気な笑顔。

 

そんな笑顔

どれだけの日本人ができるのだろうか。

 

カンボジア人は日本人が失ってしまった大切なものをたくさん持っている。

 

家族が仕事よりも大事なこと。

 

隣りの人が家を建てるときは、みんなで一緒にお手伝いするほどの隣人愛。

 

ドラマのキスシーンで、ひゅ〜ひゅ〜はしゃぐほどの純粋さ。

 

そんなカンボジア人がすごくかわいらしい。

 

また、カンボジア人と話して、

カンボジアではうつ病なんてものは存在しないことを初めて知った。

 

日本では当たり前だと思ってた

精神病そんなものここにはほとんどないんです。

 

そんな中、

日本での自殺者数年間約3万人。

 

これって狂ってませんか?

日本大丈夫?って。

 

日本人って本当に "幸せ" なの?

何が "幸せ" なの?

何のために生きてるの?

 

それらの疑問が頭の中をぐるぐると渦巻く。

 

東京の満員電車で死んだ魚のような目をした

サラリーマンを見て、

 

この人達のようになりたくないと決めて

早2年。

 

"幸せ" 、 "人生の楽しみ方"

カンボジア人から学べることが

たくさんある

 

そう思った1ヶ月目でした。

 

 

2.インターンについて

 

この1ヶ月間は、

基盤作りに徹底しました。

 

上司、学生、スタッフとの関係性。

 

「全ては雑談から生まれる。

雑談の中に仕事がスムーズにいくヒントが隠されてる。」

 

以前、カンボジア国王に料理を提供しているかもさんと飲んだ時に印象に残った言葉です。

 

また、栄治さんはこう言ってました。

「あいさつは誰にも負けたらダメだ。」

 

やっぱり何事における原点って

コミュニケーションなんだなっていろんな方と話して感じた。

 

会った人には1人1人目を合わせて

微笑みながらあいさつし、

 

できるだけ1人1人と話すよう心掛けた。

 

すると、徐々に

あっちからあいさつしてくれるようになったり、

 

わざわざバイクを止めて乗せてくれたり、

 

パーティーに誘ってもらったり、

 

食事を奢ってもらったり、

 

仕事がいろんなところから回ってくるようになったり、

 

たくさんの良いことが舞い降りてきた。

 

コミュニケーション恐るべし!!

 

それらが挨拶や雑談から生まれたかはわからない。

でも、自分の道を信じて、

 

もっともっと良い挨拶を目指し。(一応、日本一のあいさつをする小学校出身です笑)

そして、自分の強みである愛嬌を極めたい。

 

仕事自体は、

ようやく各チームのプロジェクトが理解できるようになり、

 

追えるようになってきた。

 

今は、チームリーダーを含めた2年生がHolidayなので、

 

ミーティングを仕切ったり、

OPPM(One Paper Project Management)ファイルは書けてないですが、

 

10月中旬から新しいプロジェクトの指揮、管理を任されたので、ドキドキ、ワクワクです。

 

日本企業と学生を繋いで、

プロジェクトがきちんと締め切りまで終わるように進んでるか確認して報告します。

 

上司のレオさん曰く

 

f:id:Bappon0831:20161005010349j:image

(オレの帽子をかぶってるレオさん。どっかのマフィアみたい笑)

 

 「今回のプロジェクト自体、小さい会社ではできないプロジェクトなんだよ!

 

Data Warehouse(社員の勤務時間や評価といったデータを蓄積させ分析することで、社員1人1人を評価できる等、会社の今後を左右する判断材料となるデータを見やすく表示させることができるシステム) を扱うって友達に言ってみ、みんな驚くから!

 

これを成功させたら、ソフトウェアの会社で即働けるぞー!」

 

嘘でしょーって笑ったら、

 

「本気だよ」って。

 

相当ヤバイ、プロジェクトみたいです(笑)

 

また、10月9日にプノンペン日本人会の

盆踊り大会でVkiriromのブースを作ることに。

 

その準備をほとんど任せてもらっており、

なぜか実行委員長みたいな感じになってます(笑)

 

出店するのは、

人間ボウリングで

 

f:id:Bappon0831:20161005012340j:image

 

お客さん楽しませつつ、

Vkiriromをガンガン宣伝していきます。

 

 現在の課題は

 

やっぱり

英語のスピーキング力。

 

だんだん少しずーつ

英語が聞けるようにはなってきた。

 

でも、まだぜーーーんぜん話せない。

 

インターンの目標である

自分の気持ちを100パーセント伝えられる英語力

 

他のインターンよりも

英語に触れられる環境が揃ってるので、

 

大学の英語の先生とドンドン話して、

日記を英語で書いて添削してもらう

 

を継続してやりたい。

 

もう1つは、

やりたくない仕事はやりたくないと言うこと。

 

今、嬉しいことにだんだん仕事が増えてます。

 

でも、これから全ての仕事をやってたら

自分のやりたいことに集中できなくなってしまう。

 

他の仕事に追われ、自分の任された仕事が

きちんとできない状況になりかねない。

 

その仕事は、自分がしたいのか、自分がすべきなのか考えて判断していかなければならない。

 

そう思いました。

 

つらつらと長い文を読んでいただきありがとうございます!!

 

次回ここに来て思ったやりたい事を

また、つらつら書きたいなと思ってます。

 

毎日ブログ読んでくれてる人がいて、

本当に嬉しいです!!

 

しっかり継続して書きます!!

 

こういう事が気になる〜とか

こういう事書いて欲しい〜とか

 

あればドンドン言ってくださーーーい

 

それでは、

まだなっ〜〜〜す!!